ED

もしかしてED?代表的なEDの種類の紹介

この記事では、心因性EDと器質性ED、そして混合性要因のEDについて詳しく解説していきます。

心因性EDと器質性EDについて

勃起不全と言われるEDには原因によっていくつかの種類に分けることができます。割合として多くの人が該当するのが心因性EDです。

心因性EDは、身体的には全く問題がないのに勃起不全が起きます。自慰をするときには問題がないのに、パートナーとするときに勃起不全なるような場合です。極度のストレスによって発症するため、理由はさまざまです。

仕事による過度のストレスを感じている場合でも起こる恐れはありますが、多くの場合で夫婦に関係することが理由となっていいます。

夫婦間で考えられる理由として、男性の方が劣等感を持っていることがあります。妻を喜ばせることができない、自信がないなどの理由から不安を感じるような状況です。早漏の人に多く見られます。

場合によっては、過去の女性経験での失敗から無意識に劣等感を感じることもあります。そのほか、気持ちのズレも関係します。妻の求めるときに夫はしたくないと感じているときです。

あとは、子作りのプレッシャーがあるときにも心因性EDを発症しやすいと言われています。うまくしないといけないと言う緊張感から余計に追い詰められて勃起を維持できなくなるのです。

心因性は、治療薬などでは根本的に治すことはできません。気持ちの切り替えをすることが最も効果的です。パートナーと一緒に心理的な原因を見つけて理解し合うことから始めます。

どちらか一方の気持ちの変化だけで解決できることではないので、しっかりと話し合わなければなりません。

一方、器質性EDは体の構造的な部分に欠陥があるために勃起不全になるものです。勃起を促す神経機構、血流を促す欠陥、勃起を維持するための弁、ホルモンの分泌不全など原因と考えられる構造の種類はさまざまです。

器質性EDは、先天的な原因よりも後天的なものの方が多く、怪我や薬物の副作用などで障害を受けてしまった可能性もあります。そのほかにも生活習慣の乱れも原因になり得ます。例えば動脈硬化です。

生活習慣が乱れると、脂質異常などにより血管の内壁が傷つき硬化することで、血流を送り出す機能が低下します。そのため、多くの血流を必要とする勃起に対して十分な量を送り届けることができず、勃起不全となるのです。

そのため、挿入できなかったり、性交中に勃起を維持できなかったりします。器質性EDの場合は原因を特定して治療を行うなどの医療的な解決策を必要とします。

混合性要因のEDの治療が難しい理由

心因性EDと器質性EDの2種類が同時に発症しているものを混合性要因と言います。混合性要因のEDは、原因の特定が困難であることから治療が難しいとされています。

原因を見極めない限り適切な治療を行うことができないので、多角的な判断が必要となります。しかし、混合性要因は、複数の原因が関わって混在した状態で起こるため、特定することが困難です。

心因性EDとして治療を行えば、症状は軽減はするものの、確実な改善が得られません。しかし、その逆に器質性EDが原因となって、心因性EDを発症することもあります。結果としては一つ一つの原因を取り除いて行くしかないため、治療が長期化するおそれもあります。

ストレスによって他の器官に障害が発生し、それをきっかけにEDになることもあります。また、前立腺の障害によってホルモンバランスが崩れて勃起不全とともにストレスも感じて併発してしまうこともあるのです。

このように、混合性要因の場合には医師による診断は不可欠です。個人的な対応だけで完全させることは難しく、なかなか改善しないことから心因性EDを悪化させる恐れもあります。医療機関での検査や問診でできる限り原因を絞り込んで対応しましょう。