未分類

バイアグラの偽物を見分ける方法は?

バイアグラには偽物があります。このページでは、偽物を見分ける方法を解説。また、熔解実験の方法も詳しく解説しています。

バイアグラには偽物がある

バイアグラは、世界で初めて勃起不全に適応する医薬品として開発されました。1998年にアメリカで販売が開始されて以来、世界各国にいる勃起不全患者によって使用されています。

しかし、これとともに問題となっているのが、バイアグラの偽物の氾濫です。誤って偽物を服用してしまったことによる健康被害が多数報告されています。

バイアグラは、日本国内では1999年に医療用医薬品としては異例のスピードで製造販売が承認されました。医療機関で医師に処方せんを作成してもらい、それを薬局に提出すれば日本製の正規品を購入可能です。

このため、このルートで正規品を購入している限りは偽物を手にすることはほぼありません。

ただし、診察料や検査料など、かかる費用は高いです。

しかし、健康被害のリスクを回避しつつ勃起不全の治療をすすめたいのであれば、日本国内の製薬メーカーでつくられたものを購入した方が安全でしょう。

偽物を判別する方法

個人輸入代行サイトや海外旅行先で購入した場合、バイアグラが偽物か正規品かを見分ける必要があります。

これらのケースで手に入るバイアグラは、大抵が日本国外でつくられているものであるため、偽物を見分ける必要があります。以下の点に注意しましょう。

  • 外観
  • 製造国表記
  • 錠剤
  • 安全にバイアグラを購入する方法

それぞれ見ていきましょう。

外観

まずは、外観を見ましょう。
本物とパッケージが異なる場合や、ロゴが異なっている場合などは偽物の可能性が高いです。

製造国表記

また、製造国の表記にも注目しましょう。欧米諸国のいずれかになっていれば正規品である可能性が高くなりますが、中国やタイなどの国名が記載されている場合は、偽物の可能性があります。偽物のバイアグラの流通ルートをたどると、中国や東南アジア地域にたどり着くことが多いからです。

錠剤

次に、錠剤そのものをチェックします。正規品のバイアグラは、錠剤の色がブルーで、形は角が少し丸みを帯びたひし形になっています。

また、錠剤の表面にはバイアグラを開発したアメリカの製薬メーカーのロゴ、裏面には製品の識別コードが刻まれています。もし、色や形、刻まれている文字などが正規品の特徴と一致していなかったら、偽物の可能性が高いです。

しかし、偽物の中には、箱、容器、シート、錠剤の色や形のすべてが正規品とほとんど変わらない精巧なものもあります。このようなタイプについては、熔解検証を行って錠剤の溶け方を見たり、錠剤の成分を分析して判断をしなければなりません。

これらを面倒だと感じる場合は、成分鑑定を行っている個人輸入代行サイトから購入する必要があります。

個人輸入代行サイトの中でも、あんしん通販マートは成分鑑定を行っており、安心です。もし、通販でバイアグラ購入を検討している場合は、あんしん通販マートで購入しましょう。

熔解実験で偽物のバイアグラを見分ける

色や形でバイアグラが正規品や偽物かを見分けるのが難しい場合に、手頃に試すことができる方法が熔解検証です。手順は簡単で、容器やシートから錠剤を1錠取り出して、適当な量の水に入れて溶解していく様子を見ます。

水道水の平均温度は、地域や季節によって異なるもの、おおむね16度から20度程度です。

この温度の水に正規品のバイアグラを浸すと、およそ1分が経過したあたりでコーティング部分がふやけはじめます。さらに30秒が経過するとコーティングが破れて、中に封入されている白色の薬剤が溶けていく様子を確認することができるのです。

溶解のスピードは、どんどん加速し、水に浸してから3分が経過すると錠剤は原形をとどめなくなります。更に時間が経過すると、コーティング剤と薬剤が混ざり合いながら溶解。

入手したバイアグラが本物であれば、水に浸せば上記とほぼ同様のプロセスを辿っていきます。

数十分浸しても錠剤がほとんど原形をとどめたままである場合や、水に入れた瞬間から溶け始めた場合、薬剤の色が異なる場合は、偽物である可能性が高いです。

もし、熔解検証でも本物か偽物かの判断がつかないのであれば、残されたバイアグラが偽物かどうかを見分ける方法は、錠剤の成分を分析する方法以外にはありません。