未分類

バイアグラの購入方法解説と通販のデメリット

バイアグラは、病院処方と通販で購入できます。通販でバイアグラを購入する場合は、安価で購入できますが、デメリットもあります。

バイアグラの購入方法は病院処方と通販

バイアグラは、病院処方と通販で購入できます。

基本的には病院を訪問して医師の診察を受け、その上で薬の処方を受けると言うのが一般的な流れです。

病院に行って診断を受けて処方してもらうのは非常に面倒なようにも感じられますが、日本ではこのように処方してもらうと言うことによってしかED治療薬を購入すると言うことができません。

現在日本で認可されているED治療薬としては、バイアグラのほかに、レビトラやシアリスがあります。いずれの場合も病院で医師の診察を受けて服薬が適当であると言う診断を受けて初めて利用できるのです。

近年では、通販でもバイアグラを購入できます

しかし、これは厳密に言うと、薬の通販ではありません。海外で販売されている薬剤を、個人的に輸入するというものなのです。

これを個人輸入と言います。

その中でも、個人輸入代行サイトは、海外の薬剤の購入手続きを代行してもらえるサイトです。

病院を受診する場合には診察を受けなければならないので、薬代のほかに初診料が必要になります。しかし、個人輸入代行サイトの場合は、処方箋や診察が不要で、薬だけ買えます

国内でバイアグラを購入する場合、毎回診察料を支払わなければなりません。しかも、バイアグラの購入や診察は、保険適用外で、自費扱いです。

使い方や副作用がない事がわかっているのに、毎回病院にいって診察を受けるのは面倒です。さらに、診察費や交通費もかさみます。

そういった場合は、個人輸入代行サイトの利用しましょう。個人輸入代行サイトであれば、診察費も処方箋費もかかりません。しかも、使い方も簡単で、Amazonや楽天などの通販と同じように購入できるのです。

もし、バイアグラの通販に興味がある人には、あんしん通販マートがおすすめです。

あんしん通販マートでは、成分鑑定を行っているため、安全な薬剤が届きます。また、クレジットカード決済も可能で、支払いも簡単。

ただし、海外からの発送となるので、配達まで10日前後かかってしまうのがネックです。

個人輸入代行サイトを利用する場合、前もって注文しておくと良いでしょう。

バイアグラを通販のデメリット

上述した通り、通販でバイアグラを購入する場合、初診料や診察料を支払う必要がありません。そのため、結果として病院で入手するより、圧倒的に安い金額でED治療薬を入手できます

しかし、もちろん個人輸入代行サイトによるバイアグラ通販には、デメリットもあります。

ED治療薬は基本的にリスクのある薬であるため、どの薬をどのように使っていくかについては本来は医師の判断が必要です。しかし、海外通販では、そのような判断が不要で入手できます。すなわち、体質的に不適切なのに服用してしまう可能性もあるのです。

また、個人輸入では、日本国内では流通していない薬を扱います。同じバイアグラでも、海外製のバイアグラとなるのです。

また、例えばバイアグラのジェネリックのカマグラなどは、日本では未承認薬扱いとなります。

未承認薬は、日本では安全性が確認されていません。そのため、副作用を生じても、対応してもらえなかったり、自己責任として扱われます

それらのリスクを考慮した上で、個人輸入代行サイトを利用しましょう。