未分類

バイアグラ服用における食事の関係性

勃起不全の悩みで病院に訪れると、バイアグラを処方されることも多いでしょう。内服タイプの治療薬なので、使いやすい点がメリットです。

自宅で自分で管理しながら使うことができ、これさえあれば悩みが改善されて豊かな気持ちで生活を送れるようになります。

優れた効き目を持つバイアグラですが、タイミングを間違えないように服用する必要があります。食事との関連性が強い治療薬として知られていますので、正しい使用方法を覚えるようにしましょう。

バイアグラの吸収を妨げる食事の脂肪

バイアグラの吸収を妨げる食事の脂肪
バイアグラは、高カロリー食との相性が悪いとされています。

単純に高カロリー食が悪いというよりは、高カロリー食には豊富な脂肪分が含まれているのが問題です。

脂肪の多い食事例

脂肪分がバイアグラの有効成分の吸収を阻害するリスクについて考えながら使用するのが基本になります。

男性であれば高カロリー食を好んで食べる人もいるでしょう。しかし、バイアグラを服用する際には、出来る限り脂肪分の少ない、低カロリーな食事内容にしてください。

  • 蕎麦
  • うどん
  • 牛丼
  • ステーキ
  • ハンバーガー
  • 天ぷら
  • とんかつ
  • 揚げ物

低カロリーで脂肪分があまり多くない食事内容としては、蕎麦やうどんなどが一般的です。逆に牛丼やとんかつ、ステーキやファストフード店のハンバーガー、天ぷらやフライなどの揚げ物料理は避けるのが無難です。

また、飲み物に関しても同様です。脂肪分の含まれた飲み物、牛乳や飲むヨーグルトなどの乳製品を飲むのはあまり良くありません。

アルコールは摂取してもあまり影響はありませんが、飲みすぎると逆に悪い影響を及ぼしますので、注意しましょう。水やお湯はもちろんのこと、ジュースなどと一緒に飲むのは構いません。

お菓子に関してもケーキや菓子パンなどの脂肪分が多い種類が存在しますから、食べる際には注意してください。ヘルシーなイメージの和菓子でも、揚げたものは油分が豊富ですので気を付けましょう。

バイアグラは消化を考慮したタイミングで飲む

バイアグラの服用タイミングは性交前です。食前でも食後でも構わないものの、食事の影響を受けやすいことを考えれば、時間をずらす必要が出てくるでしょう。

食後であれば、大体2時間以上の時間をずらして服用するのがおすすめです。胃の内容物がある程度消化されていますから、バイアグラの有効成分が吸収されやすい状態に変化します。

多くの場合で保険診療外になる勃起不全の治療薬であり、価格が高価なことで有名です。せっかく病院で処方してもらったとしても、食事の内容で効き目が弱まってしまったのであれば費用が無駄になってしまいます。

効率良く治療薬を使うためにも、タイミングには十分注意してください。

バイアグラは空腹時の服用がベスト

バイアグラは空腹時の服用がベスト
上でも触れたように、タイミングさえ間違えなければ、食前でも食後でも、バイアグラはいつ服用しても問題ありません。食事をする場合はタイミングに気を付けるようにしてください。

食事の直前に服用すると、ほぼ食事中のタイミングと同じです。食事の脂肪分の影響を、直接的に受けてしまいます。

有効成分が胃腸に到達しても、食事に含まれる脂肪分が胃腸の壁にへばりつくことにより、成分が吸収されにくくなってそのまま流れてしまう危険が増します。

これでは有効成分の働きが発揮されにくくなりますので、食事中を含めて食前のタイミングは避けるのが良いといえます。

同じ食前でも、空腹時のタイミングなら問題ありません。バイアグラにとって良い環境なのが、胃や腸に食事の内容物があまり残っていないタイミングです。

有効成分の吸収が効率良く行われて、素早く作用してくれるメリットがあります。十分に吸収された後ならば、食事の影響を受けませんので安心しましょう。

食後の場合は2時間以上あければ良いものの、空腹時の吸収率には敵わないことを覚えておいてください。

食後であっても、高カロリー食をたくさん食べてしまうと脂肪分の消化が遅れて腸内に残ってしまいますので、悪い影響を及ぼすことを忘れないようにしましょう。